医療法人すぎ歯科クリニック

TEL.078-232-1180
9:00〜20:00(13:00〜15:00はお昼休み) ※毎週日曜日・祝日は休診日です
Facebook
初診予約 再診予約

PRACTICE
診療内容のご紹介

小児歯科 − お口の健康の土台作り

一生健康なお口を手に入れるためには、歯が生えはじめてから大人の歯に生え換わる時期がとても大切です。

一生健康なお口を手に入れるためには、子どもの歯が生えはじめてから、大人の歯に生え換わる時期がとても大切です。
当院ではお子様の健康な歯を保つため、健康なあごの発育を施すために、約4ヶ月に一度定期健診をさせて頂いております。

0才
お母さんのおなかにいるときには、もう歯茎の中で歯はでき始めています。
この頃のお母さんの全身状態が、胎児の歯に影響を及ぼすこともあります。
6ヶ月
生後6カ月くらいから下の乳前歯は生えてきます。
この頃からおうちでのお口の中のケアをはじめていきましょう。
1才
乳歯が生え始めて乳歯が生えそろう3歳くらいまでの間は、
一生でもっとも虫歯菌が歯に定着する時期です。虫歯菌はお口の中から湧いてくるものでなく、
お口の外の周りの人からうつってくるものなのです。もっとも予防が大切な時期です。
6才
6歳前後から大人の歯への生え変わりの時期は、あごの発育やかみ合わせに大きな影響がでます。
定期的に注意深く観察し、必要であれば早期に矯正治療もおこないます。 この時期に気を付けなければならないことは歯の外傷です。歯をぶつけてぐらぐらした時、ぶつけて抜けた時は抜けた歯を牛乳やリンガル液にそのままつけてすぐに来院してください。
早ければ早いほど、元の位置に戻る可能性があります。
もちろん交通事故などでほかに全身的な症状があればそちらを優先してください。