医療法人すぎ歯科クリニック

TEL.078-232-1180
9:00〜20:00(13:00〜15:00はお昼休み) ※毎週日曜日・祝日は休診日です
Facebook
初診予約 再診予約

PRACTICE
診療内容のご紹介

マタニテティオーラルケア − 赤ちゃんのお口の健康はおなかの中から

妊娠中のお母さんのお口をケアし、生まれてくる赤ちゃんのお口の健康も保ちましょう。

妊娠中の方はつわりなどがあり、なかなかお口のケアができません。この時期にお口の状態が悪くすることがよくあります。
無理のない程度にお口のケアを行い、予防を行います。神戸市の妊産婦健診の中に歯科の項目がありますのでご活用ください。

妊婦歯科健康診査

妊婦歯科健康診査は神戸市内にお住まいの妊婦の方(住民登録をしている方)に、妊娠期間中に1回、無料で受けていただけるものです。電話予約のうえ、受診してください(予約制)。

  • 歯の状況(むし歯・かみ合わせのチェックなど)
  • 歯肉の状況(歯肉の炎症・歯石の付着・歯周ポケットの有無など)
  • その他(顎関節・粘膜の異常など)
  • 健診結果に基づく歯科保健指導

※当日は歯科健診のみで治療は行いません。なお、治療中の方は、対象外となります。

また、妊娠中はホルモンのバランスが変化し歯茎が腫れやすくなります。歯周病が悪化すると早産の原因になります。
妊娠の時期から、もう予防が始まっています。
生まれてくる赤ちゃんは無菌の状態で生まれてきます。虫歯や歯周病の原因になる悪い菌が感染しないようにお母さんはお口に中の健康を保ちましょう。生まれてきた赤ちゃんは生後半年くらいで歯が生えてきます。そのころから3歳までが虫歯菌の感染のリスクが最も高い時です。逆に言うとこの時期を気を付ければ虫歯になりにくい環境を一生保つことができるのです。

妊娠中のお口のケア

  • 妊娠中は歯茎が腫れやすい
  • お口のケアで健康を保つ
  • 無菌状態で生まれる赤ちゃん
  • 健康なお口で虫歯になりにくい環境

妊娠期に一度歯科健診を受けてみませんか。